How are you?

fuyusakura.exblog.jp
かわいい3人+1匹の息子たちとの生活を満喫中です。
by ふゆさくら
プロフィールを見る
Top
ウィーン旅行記・・・シェーンブルン宮殿
2011年 10月 22日 |
無事にたくさんのステキな思い出とともに帰国することができました。
引き続き旅行記を書いていきたいと思いますので、よろしかったらお付き合いくださいね。^^
I came back home with many wonderful memories of Vienna. I'll write about our travel of Vienna again.
Please enjoy my pictures. I'll write in English in near future.

a0141366_16113638.jpg

こちらは、マリア・テレジア・イエローと呼ばれる黄金色の外観が青空や庭園に映える、王家の夏の離宮、シェーンブルン宮殿。
現在は世界遺産であるこちらには、多くの観光客が訪れていました。


a0141366_16541212.jpg

(大ギャラリーの画像をお借りしました。豪華絢爛ですよねー!)
宮殿内をまずは見学させていただきました。
家族写真に囲まれた皇帝の執務室に始まり、皇妃シシィが何時間もかけて毎日髪の手入れをした化粧室がそのまま残っていたり、
マリア・テレジアの子供達の部屋、つまりマリー・アントワネットが15歳でフランスに嫁ぐまで住んでいた部屋や、
6歳のモーツァルトがピアノ演奏し、マリー・アントワネットに求婚した鏡の間にも入ることができました。^^


その後は庭園へ出て、小高い丘を上り、軍事的な記念碑として建てられたグロリエッテへ向かうことにしました。
それにしても、お庭広すぎ!グロリエッテが遠いわ~。涙
(この庭園には動物園もあって、なんとパンダもいるんですよ。)
a0141366_1781428.jpg



さて、シュテファン寺院に続き、またもやゼーゼーハーハー息を切らして丘を上ること20分。
素晴らしい景色が広がりました。頑張って上ったご褒美ですね。美しい黄色だなぁ。
(でも財政が許すなら、本当は金を貼りたかったんですって。^^;)
a0141366_17182926.jpg

a0141366_17243357.jpg

a0141366_1721487.jpg



こんなに現実離れした豪華な宮殿ですが、実際に訪れると本の中や頭の中でしか知り得なかった方々のいろいろな思いや息遣いが
伝わってくるような気がしました。
シシィ皇妃は皇帝に深く深く愛されていたけれど、結婚生活は苦痛に満ちていて旅してばかりだったとか、
マリア・テレジアの娘たちは1人を除いてみんな政略結婚させられたとか・・・
どんな美しい宮殿に住んでいても満たされない心や寂しい気持ちを抱いていたのかもしれませんね。。。
a0141366_1733930.jpg

最後に・・・シェーンブルン宮殿の2階を中心に見学しましたが、なんとなんとそのほかの部屋は賃貸住宅になっているそうですよ!
2LDKでお家賃47000円!(リフォームもある程度は可)
ただしウィーンの公務員であることが条件らしいです。
私、ぜひとも一度は住んでみたいと思ったんですが、人気は今ひとつなんですって。なんでだろう~?
a0141366_17532481.jpg

a0141366_1757689.jpg

[PR]
by fuyusakura1 | 2011-10-22 16:38 | travel | Comments(1) |
Commented at 2012-01-27 14:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ウィーン旅行記・・・世紀末建築... PageTop ウィーン旅行記・・・美しき?青... >>
Lace Line Skin by Sun&Moon