How are you?

fuyusakura.exblog.jp
かわいい3人+1匹の息子たちとの生活を満喫中です。
by ふゆさくら
プロフィールを見る
Top
科学好きな子供になぁれ!
2012年 10月 25日 |
今日はOの小学校で実験ショーがありました。
身の回りのなじみのある風船やプラスチックコップや新聞などを使って実験しながら、目には見えない空気のことや空気抵抗、気圧等について、めっちゃめちゃ楽しく勉強してきました。
a0141366_2214322.jpg

左上は、気圧の力を借りて机を持ち上げているところ。
右上は、空気砲!空気の動きがわかるように煙を使ったので、ドーナツ状の砲弾がよく見えました!
左下は、巨大風船で空気の重さを感じることができました。この巨大風船1個の中の空気の重さはなんと・・・約1kg!
右下は、新聞紙ドーム。ドームの内側の空気が外へ外へと押すので、なんと20人以上の子供が中に入れました。すごいっ!



子供の理科離れが進んでいると言われていますが、子供たちの目はもうキランキラン072.gifでしたよ。(もちろん私も♪)
おもしろい授業や実験にさえ出会うことができれば、子供はいつだって興味をもつことができるんだなぁ・・・と実感しました。^^



実験ショーの後、実験を見せてくださった方々に取材しました。(広報委員の役得です~053.gif

「子供が理科や化学を好きになるには、親としてどうすればよいか?」

☆子供が小さいうちはどんなことが不思議なことなのかいまいちわかっていないので、親自身が(なぜ水たまりができるんだろう?」とか「虹ってきれい!でもなぜ消えるの?」など、身の回りの自然現象に興味をもって伝えていこう!

☆子供が何かに興味をもったら、見守ってあげたり、疑問を解決する方法(=図書館に行く等)を伝えたりしよう!

☆子供が発見したことには、「すごいね!」とか「不思議だね」など、共感してあげよう!

☆小さい頃はいろんなジャンルの本をどんどん読ませ、読書好きになるようサポートしよう!理科の本でおススメは小学校低学年には『みんなのくうき(童心社)』、『くうきはどこに?(福音館)』。『くうきのかお(福音館)』は大人がよんでも面白いそう。




「なぜ理科や化学がそんなに大切なのでしょうか?」

元素番号等を暗記することよりも、理科的、科学的な思考方法が大切なことだと思う。今現在、様々な情報が溢れていたり、原発問題など、大人になればなるほどさっと答えを導き出せないような難しい問題に直面したりするが、情報や人の意見等を鵜呑みにすることなく、自分なりにこうかな?と考え、それをもとにいろいろ調べ、もし自分の考えが違ったとしても、なんで違ったんだろう?とまた考えていく。こういう思考方法は理系、文系に関係なくとても大切なことだと思う。



なーるーほーどー。。。。。と思いっきり納得。043.gif
子供の興味を大切に、そして私自身もいろんなことにあらためて目を向けて感動する心を呼び起こしたいなぁと思いました。



なるほどーと思われた方はきれいな虹にぽちっとお願いします。^^
↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by fuyusakura1 | 2012-10-25 23:59 | お兄ちゃん | Comments(0) |
<< 肉じゃがと揚げ漬し PageTop 大学いもならぬ、大学栗~♪ >>
Lace Line Skin by Sun&Moon